(未完成)作品の楽しみ方的な話を書きたかった

下書き的なプロットなので記事と思わずに読んでください

気が向いた時に清書したいです

 

 

作品を利用したコミュニケーションの話をひとつしてみたい


コミュ障という言葉もかなり浸透してきたように思う


「コミュ障」を売りにしているアイドルなどなども所謂サブカルチャー界隈では珍しくない(個人的にはそのようなマーケティングはデメリットの方が圧倒的に大きいと思うのだが)

実際、好きなことでしか話せない人は多いと思う

結果的に作品がコミュニケーションツールとなることもあるだろう

そしてコミュニケーションのために作品を観る、という理由が割合として多くなるのも分かる、「○○を見ていなかった/知らなかったので周りの会話について行けなかった」という経験はかなり普遍的なものだと思う
(それはコンテンツの一極集中を招き「覇権」がより覇権になるだけでファンと作り手の世界の拡大には繋がらないという批判も一応ここでしておく)

上の傾向が続くとコミュニケーションのために作品を「消費する」人が現れる可能性がある

あくまで私見だがコンテンツは受け手と作り手がそれを「育む」ことにより作品の世界を拡げていくものだと思っている、だからコンテンツを「消費する」だけの人間はあまり好きではない(そういった人間が「オタク」を自称していたり、そう定義されるような人物なら尚更嫌いだ)

別に「ファンならかくあるべし」という高説を垂れるつもりはない、ただそういった人達のせいで作品の良さが伝わらなかったり失われたりする傾向は確かにあると感じている

コンテンツのコミュニケーションツール化のもう1つの結果として、「褒めるために」や「叩くために」作品を観る傾向が増えてきているのではという懸念も(私の中で)ある

無論そういった傾向は昨今に始まったことではないが、情報伝達媒体の進化(要はインターネットの普及)などで誰でも批評家に近いことが出来るようになった
(今のインターネットには素人の書いた作品や物体の「レビュー記事」が溢れているが、「感想記事」に変えた方が実態に即しているのではと常々思う)

これは私の記憶だが、以前知人が「アニメの作画崩壊シーン集」のような動画をスマホで周りに見せながら複数人で笑っていたのを見た記憶がある

アニメの作画崩壊にえも言われぬ面白さがあるのは事実だが、「作画崩壊を探すためにアニメを観る」ようになっている人を見ると本末転倒感というか、この人は本当に作品を楽しめているのだろうかという思いを感じてしまう

ネタ的に楽しむことを否定する訳では無い、また「作り手の意図する楽しみ方でのみ楽しむべきだ」と言いたいわけでもない、この辺りは難しい問題になりうると思う
(個人的な話をすると魔法少女まどか☆マギカがっこうぐらし!といった作品に対してどのような姿勢で触れるべきか全く分からない)

 

個人的にはもっとシンプルに作品と向き合いたいと思っている今日この頃である

当然実践するのは難しいし完璧にそう出来るとは思っていない

ただ、作品のもつ様々な側面を吟味した上で、それに合った楽しみ方が出来れば、私「達」の作品との関わりはより楽しくより良いものになるだろうと感じているところだ

 

読んでくれてありがとね

メモ(黄金の国イーラ関連)

ゼノブレイド2と黄金の国イーラのネタバレに注意

 

ツイートまとめ形式でお送りします

・カスミの話

 

・名前の由来とか

黄金の国イーラ妄想

本編クリア後に読め!!!

あと頭悪い文章なのでもし読む気なら身構えて読んでね

 

 

 

 

 

 

 

第三の剣の本書いたのはミノチで確定だと思う

ミルトは実験台にされて自らを犠牲にサタヒコを逃がして処分される以外になんかやりそうな印象がない

というかこのゲームにおいて非戦闘員の同伴者がどのくらい関わってくるのか全く読めない

でもさすがにミルトは本書いてはないと確信している

ミルトニアでニアとの関連を示唆する声もあるけどブレイドニアは「ニア」っていう名前ではない可能性が高い(ニアは多分娘の名前)

ミルトがエチュルの領主の親戚、くらいならあるかもしれないが……

まあ仮にそうだとしたらブレイドニアとビャッコはどっかで出てきてもおかしくないかもしれない、ただこの辺については当時のグーラがどのようであったかに関する情報が少なすぎるので分からない

なくはないし予想もしておくけど期待はしていない

私は予想は高く、期待は低くがポリシーなので

だからといって作り手を過小評価しないようには心がけているが

 

あとイーラクリアでイーラ勢が本編で使えるようになる可能性も少し考えた

今のところ3つレアブレ枠が余ってるからメツシンカスミ追加を予想する声があるのも分かる

ドライバーラウラ追加はどうなんだろうと考えたこともある

私の最大限の期待を込めた予想は

  • シンカスミ固定ドライバーでラウラ追加
  • メツがレックスのエピックブレイド

あってこんなもんでしょ、とは思う

正直そんなものより(こういうと語弊があるが)アシストコア拡張アイテムとか新チャレンジバトル追加とかの方が俺は喜ぶと思う

個人的にはエキスパンションパス第2弾やって欲しいんだけど(あくまで個人的には新作のリソース犠牲にしてでも作って欲しいと思っている)が可能性は非常に低いし期待もしていない

これだけの世界をせっかく作ったんだからもっとしゃぶり尽くしたいという思いがある

レックスのスマブラ参戦は厳しい?

8.8のダイレクトを見て書いた

 

  • 「発売前にファイター全公開します」=DLCなし?
  • ステージが100個とキリがいいので今後ステージ追加される可能性が低い(ゼロではない)
  • オレ曲セレクトでは一応「ゼノブレイド」枠があるがアイコンがモナド、シリーズごとで突っ込めるか不透明
  • 同期組に近いARMSからの参戦がシモンの「群を抜いたリーチ」により絶望的に

 

ここからはどっかで聴いた話なので間違いがあるかも

 

 

結論:マジで相当厳しい。特にステージ追加は絶望的かも

一応好意的に補足すると、仮に黄金の国イーラ発売までにダイレクトがあるとするとそこそこ時間をとって解説する可能性があるのでその流れでレックス参戦ムービーはなくはなさそう。ただ仮定が多すぎる上にもはやただの予想だ

*1:ゼノブレイド2限定版のアートブックより、齊藤将嗣さんのホムラヒカリなどのデザインは2016年中頃に決定稿が上がっている

ゼノブレイド2、必殺技4連打

取り急ぎの報告です。誰かちゃんとした動画とか録ってもっとちゃんと体裁を整えた記事書いてもいいよ

 

 

はじめに

このインスピレーションはとある方の動画から受けました。

この動画はver1.5.1より前のものですが、改造を利用して難易度カスタムを再現しています(ダメージ上限もいじってますがここでは触れません)

この動画は11重フュージョンコンボを行っていますが、このように必殺技4をバンバン撃てるようになると単騎1ブレイドでの戦いがほとんどのブレイドで可能になるのではと思い少し検証してみました

もちろんこの手法は難易度カスタムでのみ可能です。

 

やり方
  1. 難易度カスタムで「必殺技の溜まりやすさ」を最大に
  2. 「メタルスネア」、「カチコチチャイム」をポーチアイテムに入れる(アヴァリティアとスペルビアの楽器屋にあります)
  3. 必殺技4を撃つ

 

検証してみた

上の動画ではシュルクが必殺技を連続して撃っていましたが、これはどのブレイドにも可能なのか?ということでヒバナ除く全レアブレイドで検証しました。

「裏キズナまで全解放した」「レックスで」「必殺技のボタンチャレンジはオートにして」必殺技4を打ち終わったあとの必殺技リキャスト量を目視で見てみました。信頼度SSです

 
結果

ヒカリ、ホムラ/ヒカリ、ハナJS、JK、JD、ニア、ニア+ホムラ、サイカ、トキハ、ニューツ、リンネ、ライコ、ホタル、KOS-MOS Re:、ツキ、ヨシツネ、ベンケイ、サタヒコ、カムイ、オオツチ、ザンテツ、クビラ、T-elos Re:、シュルク、フィオルン

これらのブレイドは必殺技を連続で撃ちやすいです(必殺技4終了後の必殺技リキャストが3.0でした)

興味深いことに、必殺技4を売っているあいだは必殺技3-4に上がることは基本的にないのですが、シュルクのみ例外で必殺技4終了時に既に必殺技リキャストが3.75くらい溜まっています。タイミングが良ければ完全に連続で撃つことも出来るでしょう。 

 

これを使いやすいブレイド

単騎1ブレイドで戦う可能性を考慮しています。

①:ハナJD

ラストの一撃に一段ブロー判定があります。高いカスタマイズ性を考慮すると非常に強いといえます。

②:ハナJK

基本JDと同じですが、ラスト一撃のブローが多段です。必殺技4終了後敵の硬直時間を伸ばすことは大いに役立つと考えJDより1つ上にしました

③ニア

基本ハナJKと同じですが、ラスト一撃の多段ブローがより遅いため時間を稼ぎやすいです。水属性故に必殺技4連打でブレコンが延々と繋がるのもいいですね

シュルク

シュルクは全ブレイドでおそらく唯一必殺技4中に必殺技3-4のリキャストが増えます。ブローの効かないサーペントなどでは属性相性も相まってニアとの差が歴然とします。一応ラスト一撃ではないですが一段ブローもあります

 

参考用