ゼノブレイド2を人に薦めるときの薦め文句は?

相手が「JRPG」って単語知ってるかどうかでこのゲームの勧め方って結構変わる気がする。この記事は明らかに未完成なので、何かいい案あればコメントください。

ある種不親切なニコニコ大百科について

この記事を読むには、「東方Project」などに関する簡単な知識を要する可能性があります。

 

題名はニコニコ大百科についてだが、話の内容は「人にものを説明することの難しさ」についてだ。

以前オタクを再定義する記事を書いた。そしてそれを公開して思った。

「これ、『オタク』な人間には伝わるが、そうじゃない人間にはさっぱり伝わらない!」

思い返せば、わかる人にはわかりやすいが、分からない人にはさっぱりわからない文章というものは世の中にたくさんある。今回はそんな文章を、ニコニコ大百科の見出し(リード文?)から紐解いてみようと思う。

何故ニコニコ大百科なのか?それはニコニコ大百科の記事は掲示板などを通したファンの交流の場でもあり、なおかつ国内ではWikipediaに次ぐ(「オタク」界隈ではそれ以上?)の知名度と安定感を誇る百科事典サイトだからだ。要は、なにも知らない人が知らないことを真っ先に調べるサイトとして使われる可能性が高いってことだ。

まあともかく、ニコニコ大百科で「東方Project」の記事を見てみよう。(いま現在の記事をリビジョンから呼び出している。)

東方Projectとは (トウホウプロジェクトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

東方Project(とうほうプロジェクト)とは、ZUN(通称「神主」)が運営する個人サークル「上海アリス幻樂団」制作の弾幕シューティングゲームを中心とする作品群の総称。

単に東方と呼ばれることも多い(ニコニコ動画のカテゴリタグなど)。ニコニコ動画三大ジャンル(御三家)のひとつ。

この見出しは非常に正確で、「ニコニコ大百科」として必要な事項が過不足なく書かれているだろう。

 

ただ、東方Projectについてなにも知らない人間が検索することを想定してみると、これはかなり不親切ではないだろうか?

一読してまず「ZUN」が人名だと気づけるか?「上海アリス幻樂団」も東方Projectを知らない人間にとってはまず未知の単語だろう。「サークル」と聞いて具体的にイメージできない人もいるかもしれない(大学のサークル知らない小学生なんかもこの記事読むだろうし)。(今回は上海アリス幻樂団がメンバー一人の個人サークルということも分かりにくさに拍車をかける。)「弾幕シューティングゲーム」と書かれているが、「東方Project」が何かを知りたくてこの記事に来た人間が最初に触れた東方コンテンツは弾幕STGではない可能性が非常に高い。「作品群の総称」という大雑把にならざるを得ない表現も初心者には分かりづらい。そのあとのニコニコ動画における扱いについての記述も「カテゴリタグ」「御三家」など人によっては未知のものだろう。今や(昔から?)東方Projectはニコニコのみのコンテンツではなくなっている。

この記事を読む人間はYoutubeのゆっくり実況から東方を知った人かもしれないし、ゲームセンターの音楽ゲームに収録されている東方アレンジ楽曲から興味を持った人かもしれない。何かの弾みで「クッキー☆」から東方を知る人間(ホモガキ?)もいるだろう。書き手が読み手を想像しなければいけないことも多いのでは?

とまあ、私が言いたいのはそんなところだ。

 

余談だが、ニコニコ大百科の「アイドルマスターシンデレラガールズ」のアイドル単体記事において、モバマスでのコスト面での評価が延々と書かれてデレステ内での活躍が記事の下の部分に追いやられていたり、時系列を気にするあまりカードとカードの説明のあいだに途端にLIVEの情報が入ったりするのも個人的にはかなり不親切な気がするのだが、それに関する加筆はまたの機会に。

自己紹介を消してしまったので雑にもう1度

2017.11.11時点の情報。

 

 

CHUNITHM Rating14.82

その他アーケード音楽ゲーム諸々に興味はあり

Nintendo Switch版 VOEZ,DEEMOプレイ中。

Nintendo Switchソフトでたまに遊んでる。Botw、イカ2(イカ2から超エンジョイ勢)、マリオオデッセイなど。

ゼノブレイドシリーズにわか(無印をN3DSでプレイした程度、ゼノブレイド2購入予定、ゼノクロ未プレイ)

ゼノブレイド2発売と聞いてNintendoSwitchを予約した人間。

全体的に音楽ゲーム、それに付随するコンテンツが好き。ただBEMANI界隈は詳しくない。

デレステをかつてプレイしていたが、2017年3月頃から休止中(事実上の引退)。二宮飛鳥がどうこう言ってた時期もあった。

オタクの「語彙力が足りない」という発言について

最近、何かにつけてオタクは自らのことを「語彙力がない」などと発言することがよくある。ただ、オタクのいう「語彙力」とはどういうものなのか(オタクの定義に関しては前のやつ読んでくれ)。

一つ目、素晴らしいものに出くわして一瞬言葉を失う状態。

二つ目、素晴らしいものを周りに広めようとするが(『布教活動』)、「自分の勧め方が下手で相手が逆に興味を失ってしまったらどうしよう、的確に良さを(大抵の場合140字で)まとめる事ができない」、といって素晴らしいものを前にしながらその素晴らしさを伝えられず悶える状態。

他にもあるだろうか(あればコメント欄へどうぞ)

これ、二つ目は明らかに表現力やコミュ力が足りてないよなと思うところである。それを「語彙力」というのはなんだか小難しい言葉を使いたがる人間のようで、多少の違和感を感じることは事実である。

全然書き上がってないが、ここでとりあえず公開しておく。のちのち気が向けば(もし有意義なコメントなどいただければ)加筆するだろう。

「オタク」を我流に再定義してみる

私にとっての『オタク』(ヲタク表記の場合は少しニュアンスが変わるので今回はこちらについて話す)の定義は『一般的な意味での「オタク」である人間のの気持ちが分かる人間』だと思う。「シン・ゴジラ」などのツイッターでの論評を見ればそれが分かるかもしれない。

鍵括弧を逆につけるのは私にとってのオタクが一般的な意味でのオタクから派生していることを示すために敢えて行っている。

後々気が向いたら色々加筆するかも。とりあえず公開しておかないとなんにもならない。

ゼルダの伝説の赤い月と料理について

これは現在Wii UNintendo Switchで発売されている「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の赤い月(ブラッディムーン)と料理との関係に関する簡易的なメモです。スマホでささっと書いたものなので読みにくいかと思いますが御容赦ください。

 

説明

もう既に誰かが検証してると思いますが、赤い月(ブラッディムーン)と料理の大成功の関係についての記事です。

 

予備知識

  • 料理が大成功する時は、料理の中盤から専用のSEが流れ始め、リンクが飛んで喜ぶなど特殊な演出が入る。通常状態での成功確率は低い(体感10%以下?要検証)
  • 料理が大成功すると、ハートの回復量が増える(1.3~1.5倍?要検証)など様々な追加効果が現れる
  • 赤い月(ブラッディムーン)発生中は料理が必ず大成功する
  • 赤い月は異常がない限り、晴れの場合は午後10:00頃から見えるようになり、11:30からは専用のBGMが流れ始め、ガノンの怨念の様なエフェクトが画面全体にかかり、11:50になるとBGMが変化し、12:00に専用のムービーが入る。
  • その晩が赤い月かどうかは双子馬宿にいるNPCに話しかける事で確認できる。
  • 赤い月が昇っている夜、ムービーが流れる前に宿や焚き火などで時間を過ごしてもムービーは流れる。

 

料理が大成功する時間

 

10:00以降料理が大成功する確率が一気に上がり(体感では2/3程度)、11:30~12:30(ムービー後も)の間は確定で大成功する(10:00以降、大成功確率が11:30に近づくにつれ上がる可能性あり、要検証)。また、12:30以降はいっぺんに普段の確率に戻る(要検証)。

赤い月が出る直前に宿や焚き火で時間を潰した後も大成功確定が一定時間維持されるかどうかも要検証

 

要するに

  • 赤い月の出る夜の11:30~12:30は確定で大成功
  • 赤い月がやたら出る時は本体を再起動しろ
  • 赤い月が出たと気づいた際、祠から1番近い屋内の竈は恐らくゾーラの里のネヅ・ヨマの祠。祠を出て右手に向かいUターンする形を取ればゲーム内で10分掛からず着く。

 

以上です。

「ここは違うよ」「もっと近い祠があるよ」などありましたら、よろしければこの記事のコメント欄(使えるのかな?)かuyouyohyper@gmail.comまでご連絡ください。